面倒な芝刈り作業を代行してくれる専門業者を探してみよう

庭

枯らさない育て方

畑

冬は乾燥しているため、寒さに弱い植物だとうまく成長できなくなる可能性があります。そのため、室内や軒下などに取り込むことが重要になります。ただ、日が出る回数が少ない冬だと土にあまり良い影響をもたらさないと考えられています。ですから、枯らさないためにも上手な育て方を頭の中に入れておく必要があります。植物には花がありますが、冬に咲く種類も沢山あります。例えばパンジーやビオラは正しい方法で育てれば冬を無事に超し、春の終わりごろまで楽しむことができます。開花日は冬真っ只中の11月から5月ごろで日光浴を頻繁に行なえば、枯れずに済むでしょう。ただ、植物の種類によっては直射日光の影響で葉の色が変色する恐れがありますから注意が必要です。また冬の植物は、通気性がよく適度な保水力がある土を好む傾向があります。種を植える場合は成長の手助けをする肥料を混ぜ込むと上手に育てることができるでしょう。

アザレアは、12月から3月にかけて育つ冬の植物で、置く場所は、基本的に室内です。なるべく暖房がついた部屋は避けた方が無難でしょう。場合によっては全体的に元気がなくなる可能性があります。水は、葉や花にかからない程度が好ましく、たっぷり与えるのが上手に育てるポイントです。こちらも肥料を与えることで丈夫に育つでしょう。冬の植物は、窓際において観察する傾向があるため観賞用としてとても人気があります。さらに、冬の野菜も栽培を上手に行なうことで家庭で自家製野菜を楽しむことができます。